2021年8月12日木曜日

死神(しにがみ)★★★★

 ()(なか)にはありがたい神様(かみさま)がたくさんおりますが、(なか)にはありがたくない神様(かみさま)というのもおります。(たと)えば、「貧乏(びんぼう)(がみ)」に()かれると、家が貧乏(びんぼう)になってしまいます。「(やく)(びょう)(がみ)」に()かれると、その家の人々(ひとびと)病気(びょうき)になったり、家の中で()くないことが()きたりします。それから、「死神(しにがみ)」という(おそ)ろしい神様(かみさま)がおりまして……

 

**************************

 

「ただいま……」

「おかえり。金はできたかい?」

「だめだ。どこも()してくれねえ」

「できなかったの!? ほんの少しのお金も()りられないで、あきらめて(かえ)ってきたのかい」

「だって、みんな『金がない』って言うんだから、しょうがないだろ」

「それは『あなたに()す金はない』って意味(いみ)よ。ないわけないでしょ。もうやだ! あんたなんか(とう)()(かど)(あたま)をぶつけて()んだらいい!」

(とう)()(かど)(あたま)ぶつけて()ねるか」

「あんたなら()ねるわよ。もういい。()てけ!」

 男は(つま)に家を()()されてしまった。

 

「ああ、あんな(つよ)い女はいないね。『(とう)()(かど)(あたま)をぶつけて()ね』だって。家にいれば金がないってギャーギャー言われるし、どこに行っても金は()してくれないし、もう生きてるのが(いや)になっちゃった……()のう」

ぶつぶつ言いながら(ある)いていると、男はいつの()にか(はし)の上までやってきた。

「川に()()むのは(いや)だなぁ。おれは(およ)げねえんだ。七つの時に井戸(いど)()ちたことがあるが、あんな(くる)しい思いは二()としたくねえ。生きてるほうがまだいいや……どうしようかなあ」

それからまた少し(ある)くと、(ふる)い大きな木があった。

「大きな木だねえ……そうだ。この木の(えだ)(くび)()って()のう。けど、(くび)()るのは(はじ)めてだ。どうやるんだ?」

(おし)えてやろうか」

「えっ……だれだ!?」

(おれ)だよ」

 木の(かげ)から、やせた老人(ろうじん)がすっと(あらわ)れた。(あたま)には(うす)い白い()がぼやっと()え、灰色(はいいろ)着物(きもの)()て、(わら)草履(ぞうり)をはき、(たけ)(つえ)()いていた。

(おし)えてやろう」

「だれだよ! おまえは……」

死神(しにがみ)だよ」

「し、死神(しにがみ)……ああ、(いや)だ。おれは今まで()のうなんて思ったこと()もなかったんだ。それなのに、(きゅう)()にたくなったんだ。おまえのせいだな。あっち行け!」

「ヘッヘヘ、そう言うな。おまえと(おれ)とは(むかし)からの(ふか)いつながりがあるんだ。そんなこと言っても、おまえにはわからないだろうが……。おまえにはまだ寿(じゅ)(みょう)(のこ)ってる。そういう(にん)(げん)()のうとしても()ねないようになってるんだ。それよりいい(はなし)がある……」

(いや)だよ! 死神(しにがみ)(はな)すことなんか何もねえよ」

 男はその()から()()ろうとした。

「おい、()ちな。()げようとしたって無駄(むだ)だ。おまえは(あし)(ある)いて()げるが、(おれ)(かぜ)()って()べるんだ。まあ、(こわ)がるな。ずいぶん(こま)っているようじゃないか。(おれ)がいい仕事(しごと)世話(せわ)してやるよ」

「え、仕事(しごと)?」

「ああ……おまえ、医者(いしゃ)になれ」

医者(いしゃ)!? おれは病気(びょうき)(なお)(かた)(くすり)(つく)(かた)()らねえし、医者(いしゃ)なんて無理(むり)だよ」

「そんなのはどうでもいいんだ。(おれ)がやり(かた)(おし)えてやる。いいか。長い(あいだ)寝込(ねこ)んでいる病人(びょうにん)には死神(しにがみ)()いているんだ。枕元(まくらもと)足元(あしもと)のどっちかに死神(しにがみ)(かなら)ずいる。(あたま)(ほう)死神(しにがみ)(すわ)ってる()(あい)はもうダメだ。寿命(じゅみょう)が終わってるんだから、絶対(ぜったい)に手をつけちゃいけない。(ぎゃく)に、死神(しにがみ)足元(あしもと)(すわ)っている()(あい)はまだ()きられる。呪文(じゅもん)(とな)えると、死神(しにがみ)()えて、(びょう)(にん)はあっという()に元気になる」

「わ、わかったよ。その呪文(じゅもん)ってのは何だ?」

「いいか。(けっ)して人に言うなよ。『アジャラカモクレン、テケレッツノパ』と(とな)えて、ポンポンと手を二つ(たた)くんだ。こうされると、死神(しにがみ)はどうしても(かえ)らなきゃいけない()まりがあるんだ」

「ふーん、『アジャラカモクレン、テケレッツノパ』で、手をポンポン。これでいいのかい? 死神(しにがみ)さん? あれ、どこ行った? あ、そうか。呪文(じゅもん)(とな)えたから(かえ)ったのか。これはいいことを(おし)えてもらった」

 

 男は家に(かえ)ると、昨日食べたカマボコの(いた)に下手な()で「医者(いしゃ)」と書いた。そして、(おもて)に出ると、外からよく見えるところにそれをかけた。すると、すぐに人が(たず)ねてきた。

「ごめんください」

「はい、何か(よう)ですか?」

「こちらはお医者(いしゃ)(さま)でいらっしゃいますか?」

「はい、わたしが医者(いしゃ)ですけど、何でしょう?」

「先生でしたか。失礼(しつれい)しました。私は日本橋(にほんばし)越前屋(えちぜんや)使用人(しようにん)でございます。(じつ)は、主人(しゅじん)(おも)病気(びょうき)にかかっておりまして、いろいろな先生に()ていただいたんですが、なかなか()くならないのです。(さき)ほど、この家の前を(とお)った(さい)に「医者(いしゃ)」という()が目に入りましたもので、こちらへ(うかが)った()(だい)です。ぜひ先生に一()()ていただくことはできませんでしょうか」

「なるほど。いいですよ。じゃあ、行きましょう」

(へん)医者(いしゃ)だと思ったが、使()(よう)(にん)は男を(みせ)()れて行った。使用人(しようにん)番頭(ばんとう)に話をすると、番頭(ばんとう)は「まあ、()せるだけなら()(ちが)いもないだろう」と男を主人(しゅじん)部屋(へや)まで案内(あんない)した。

部屋(へや)に入ってみると、死神(しにがみ)病人(びょうにん)足元(あしもと)の方に(すわ)っていた。

「おっ、これはご主人(しゅじん)(なお)りますね」

本当(ほんとう)ですか!? しかし、どの先生も(むずか)しいと…」

(なお)ります。……ところで、(なお)したら、お(れい)はいただけますよね?」

「それは、もちろん」

「そうですか。ちょっとお()ちください」

 男はそう言うと、死神(しにがみ)を見て、

「アジャラカモクレン、テケレッツノパー」

(とな)えて手をパンパンと二()()った。すると、死神(しにがみ)がすっといなくなった。()(さお)だった病人(びょうにん)顔色(かおいろ)()わり、ぱっと()()がると、

「おい、お(ちゃ)一杯(いっぱい)()ってきてくれ。なんだか(あたま)から(くも)がすっと()れたようだ。(ひさ)しぶりに気分(きぶん)がいい。……(はら)()ったなあ。何か食べるものはないか?」

と言ったので、みんな(おどろ)いた。

越前屋(えちぜんや)主人(しゅじん)はすっかり元気になって、男はたっぷりお(れい)をもらった。すると、あっちこっちで「あの先生はすばらしい医者(いしゃ)だ」と言われるようになり、次々(つぎつぎ)(たす)けてほしいと人がやってきた。しかも、都合(つごう)がいいことにみんな足元(あしもと)死神(しにがみ)がいた。呪文(じゅもん)(とな)えて手を()つだけで、死神(しにがみ)はすっと()えていく。病人(びょうにん)はすぐに元気になる。

 貧乏(びんぼう)()らしをしていた男が、立派(りっぱ)な家を()て、いい着物(きもの)()て、うまいものを()う。外に女をつくって家に(かえ)らなくなる。それに(もん)()を言う(つま)に金と子どもを(わた)して(わか)れてしまう。

「ねえ、先生……」

「何だい?」

「わたしねえ、一()関西(かんさい)の方に旅行(りょこう)に行ってみたいなあって思ってるの」

関西(かんさい)かあ。いいねえ、おれも行きたいと思ってたんだ。よし、じゃあ、行こう。……そうだ。留守(るす)にするのは面倒(めんどう)だから、家も()ろう」

そして、男は女を()れて関西(かんさい)へ。あっちこっちで贅沢(ぜいたく)をして毎日(たの)しく()ごしていたが、金というのは使(つか)えばなくなってしまうもの。金がなくなれば、女もすっといなくなる。仕方(しかた)がないと男は一人で江戸(えど)(もど)って、(のこ)りの金で家を買った。医者(いしゃ)仕事(しごと)(はじ)めれば、また(もう)かるに(ちが)いないと思っていた。ところが、どうしたことか病人(びょうにん)が来ない。たまに(こえ)がかかって行ってみると、みんな枕元(まくらもと)死神(しにがみ)(すわ)っている。

 

 しばらくすると、麹町(こうじまち)三丁目(さんちょうめ)伊勢谷伝右衛門(いせやでんえもん)という(かね)()ちの使用人(しようにん)がやってきた。主人(しゅじん)()てほしいと言うので、「よし、きた!」と行ってみると、死神(しにがみ)枕元(まくらもと)(すわ)っていた。

「あぁ、これはだめだ。この病人(びょうにん)(たす)からないね。(あきら)めなさい」

「そこを何とか一つ、先生、お(ねが)いします」

番頭(ばんとう)(あたま)を下げた。

「お(ねが)いされても、(なお)らないものはしょうがないよ」

「お(れい)は三千(りょう)でいかがでしょうか」

「お金をもらっても(たす)からないものはしょうがないんだよ。寿命(じゅみょう)だ。(あきら)めてくれ」

「それでは、二、三カ月でも寿命(じゅみょう)()ばしていただけたなら、一万(りょう)のお(れい)をいたします」

「えっ!? 一万(りょう)? うーん、そうなると何とか(たす)けたいけど……

 男はしばらく(かんが)えた。そして、あることを思いついた。

番頭(ばんとう)耳元(みみもと)()(ごえ)で言った。

「いいかい。気が()いて力のある(わか)い男を四人そろえてくれ。その四人を病人(びょうにん)()ている布団(ふとん)四隅(よすみ)に一人ずつ(すわ)らせておくんだ。それで、わたしがポンと(ひざ)(たた)いたら、いっせいに布団(ふとん)()ち上げて、くるっと(まわ)すんだ。病人(びょうにん)(あし)(あたま)場所(ばしょ)()()えてほしいんだよ。それができれば、ご主人(しゅじん)(たす)かるかもしれない。ただし、一回(いっかい)きりの勝負(しょうぶ)だ。失敗(しっぱい)したら、それまでだ」

 番頭(ばんとう)はそれで病気(びょうき)(なお)るならと、言われたとおりに四人の男を()れてきて、病人(びょうにん)布団(ふとん)()(すみ)(すわ)らせた。

 ()()けて(くら)くなると、死神(しにがみ)の目がギラギラ(かがや)いてくる。病人(びょうにん)が「うーん、うーん……」と(くる)しんだ。ところが、()(あか)けてくると、死神(しにがみ)(つか)れてきたのか、こっくりこっくり()(ねむ)(はじ)めた。

 それを見て、男は四隅(よすみ)にいる四人に目で合図(あいず)をして、「ここだ!」と思うところでポンと(ひざ)()った。()(たん)布団(ふとん)がくるっと(まわ)って(じょう)()()()わる。

「アジャラカモクレン、テケレッツノパー」

早口(はやくち)(とな)えて、手を二(かい)パンパンと()った。

 死神(しにがみ)は「うわーっ!」と()()って(おどろ)いた。そして、そのまま()てしまった。

「もう大丈夫だ……」

病人(びょうにん)はたちまち具合(ぐあい)()くなり、「ありがとうございました」と金が(とど)いた。

 

 男はもらった金で(さけ)を飲み、いい気分(きぶん)夜道(よみち)(ある)いていた。

「ああ、やっぱり人間(にんげん)ってものは(こま)った時にこそいい知恵(ちえ)()るもんだねぇ。それにしても、あの死神(しにがみ)(おどろ)いた(かお)と言ったら……はっははは……」

 (うし)ろから(ひく)(こえ)()こえた。

「なぜあんなバカなことをした」

()()くと、そこにはあの死神(しにがみ)がいた。

「お、おぉ、死神(しにがみ)さん、どうもお(ひさ)しぶりです」

「何が(ひさ)しぶりだ。まさかおまえ、(おれ)のことを(わす)れてはいないだろうな」

「ええ、もちろん(わす)れたりしませんよ。最初(さいしょ)に会った死神(しにがみ)さんですよね? あんたのおかげで、ずいぶん(もう)かりました」

「そうか、ちゃんと(おぼ)えていたか。それなのにあんなバカなことをやるなんて……」

 どうもさっきあそこにいたのは、このじいさんの死神(しにがみ)だったらしい。ところが、死神(しにがみ)というのはみんな(おな)姿(すがた)をしているから、男もそうだとは気付(きづ)かなかった。

「えっ、それじゃ、さっきあそこにいたのは、あんただったんですか? それは(もう)(わけ)ないことをしました。まさかあんただとは思いませんでした。じゃ、わたしがもらった金を半分(はんぶん)あんたにあげるから、それで(ゆる)してください」

「何言ってるんだ……まあ、やってしまったことは仕方(しかた)がない。(おれ)といっしょに来い」

「こ、来いって、どこへ行くんですか?」

 死神(しにがみ)(たけ)(つえ)()(めん)()くと、そこにぽっかり大きな(あな)()いた。(あな)の中には下へ()かう(かい)(だん)(つづ)いていた。

「さあ、ここを()りろ」

(いや)だよ。こんな()()(わる)いところへ()りるなんて……ねえ、(ゆる)してくださいよ。あんたとは()らずにやったことなんだからさ」

「いいから()りろ!」

()りろって……中は()(くら)じゃねえか」

大丈夫(だいじょうぶ)だ。(おれ)(つえ)につかまれ。()りて来い」

「え、(つえ)に? ちょ、ちょっと()って……そんなに()っぱったら(あぶ)ない、(あぶ)ないよ!」

(はや)()りろ」

階段(かいだん)()りていくと、ぱっと(あか)るくなった。(ひろ)部屋(へや)にたくさんのロウソクが(なら)んでいた。

「ずいぶんたくさんロウソクがあるんですねえ。何ですか、これは?」

「このロウソクは人の寿命(じゅみょう)だ」

「はあ~、(むかし)から、人の寿命(じゅみょう)はロウソクの火みたいだって言いますが、ずいぶんたくさんあるものですね。長いのや(みじか)いのやいろいろなのが……、あ、ここにロウがたまって(くら)くなっているのがありますね」

「そういうのは病気(びょうき)になっているんだ。ロウを()(のぞ)いて、火がまっすぐに立てば病気(びょうき)(なお)る」

「ふーん、そうですか。お、ここにずいぶん長くて(あか)るく()えてるのがありますね」

「それはおまえの息子(むすこ)だ」

「へえー、息子(むすこ)ですか。あいつはずいぶん(なが)()きするんですね。そのとなりの半分(はんぶん)ぐらいでよく()えてるのは?」

「おまえの(もと)(おく)さんだよ」

「ああ、あいつですか。やっぱりあいつも(なが)()きなんですねえ。ここにずいぶん(みじか)くなって今にも()えそうなのがありますが……」

「おまえだ」

「え?」

「それがおまえの寿命(じゅみょう)だよ」

「い、今にも()えそうじゃねえか!」

()えそうだね。()えた途端(とたん)(いのち)はなくなる。もうすぐ()ぬよ」

「う、(うそ)だ! だって、あんた、(はじ)めて会った時に『おまえにはまだ寿命(じゅみょう)がある』って言ったじゃねえか! あれは(うそ)か!?」

(うそ)じゃない。おまえの本来(ほんらい)寿命(じゅみょう)はあのロウソクだ。あの半分(はんぶん)より長く(あか)るく()えているのが、おまえの寿命(じゅみょう)だ。それなのに、おまえは金のために寿命(じゅみょう)()()えたんだ」

「そ、そんな……」

「フッフフ。おまえはもうすぐ()ぬよ」

(いや)だ! なあ、(たす)けてくれよ。寿命(じゅみょう)(もと)(もど)してくれよ」

「もうダメだ」

「そんなこと言わないでさ。なあ、(たの)むよ、死神(しにがみ)さん、死神(しにがみ)(さま)!」

「ダメだ。一()()()えたものは二()(もと)(もど)せない。(あきら)めろ」

(たの)む。もう一()だけ!」

 そう言うと、男は死神(しにがみ)()かって手を()わせた。

 死神(しにがみ)(あき)れたような(かお)をして、足元(あしもと)(ころ)がっているロウソクを(ひろ)い上げた。

「しょうがない男だ。ほら、ここに半分(はんぶん)ぐらいのロウソクがある。()(ちゅう)()えてしまったロウソクだが、これにその(みじか)いロウソクの火をうつしてみろ。うまく火がつけば、おまえの(いのち)(たす)かる」

「ありがとう……ありがとう…」

男は死神(しにがみ)からロウソクを()()ると、()えかけのロウソクを手に()ろうとした。だが、(みじか)くてなかなか()れない。

(はや)くしないと()えるよ」

(はや)くしろって……おまえ…」

「どうした、手が(ふる)えてるぞ。(ふる)えると()えるよ」

「そ、そんなこと言ったって、身体(からだ)勝手(かって)(ふる)えるんだからしょうがないだろ」

(はや)くしな。(はや)くしないと()えるよ」

(だま)っててくれよ」

「ほら、今にも()えそうだ。フフフ、(はや)くしな。()ぬよ」

「う、うるさい。(だま)ってろ!」

「ほら、(はや)く。(はや)くしないと()えるよ。()えると(いのち)はないよ。ヒッヒヒヒ……」

「やめてくれ! つけ! つけ! つけよ!」

()えるよ。()えるよ。()えると()ぬよ。()ぬよ。クッククク……」

「あ、あああぁ、()える、()え……

「ほら、()えた」

(完)

   

2021年7月27日火曜日

ノンフィクション作品のサイト移動について

 以下のTONGARI BOOKSのノンフィクション作品は、くろしお出版の日本語多読サイト「Yomujp 日本語多読道場」に提供いたしました。


・レベル★「虫」、「橋」、「麺」


今後、当サイトでは小説などを中心に公開していき、上記のくろしお出版のサイトではノンフィクション作品を個人名で公開していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。


2021年4月28日水曜日

幽霊床屋2(ゆうれいとこや2)★★★★

  2021320日、ようゆうがたしんきた。10ねんまえしんおもさせるつよれだった。わたしはそのときみせにいた。うりあげけいさんかたけもわり、これからうちへかえるところだった。

()れが(おさ)まると、すぐに()(たく)(でん)()をかけた。

「もしもし、(だい)(じょう)()だった? (ゆい)()は?」

「ああ、(だい)(じょう)()だよ。(ゆい)()もびっくりしたみたいだけど、(いま)(へい)()(れい)()はまだ(みせ)?」

「うん。でも、もう()るよ。(みせ)(なか)はめちゃくちゃだけど、(かた)()けは明日(あした)にする」

「わかった。()()けて、(かえ)ってきて」

 (おっと)(こえ)()いて、ほっとした。この10(ねん)(わたし)には(たい)(せつ)なものが(ふた)つできた。(ひと)つが5(ねん)(まえ)(ひら)いたこの(とこ)()(ゆう)」。もう(ひと)つが()(ぶん)()(ぞく)だ。(おっと)とは4(ねん)(まえ)()()い、(つぎ)(とし)(けっ)(こん)した。そして一昨年(おととし)(むすめ)()まれた。(ゆい)()という()(まえ)()けた。1(さい)になってからは、(へい)(じつ)()(いく)(えん)(あず)け、()(にち)(おっと)(ちか)くに()んでいる(おっと)(りょう)(しん)(めん)(どう)()てもらっている。

 (でん)()()ると、(いそ)いで()(たく)()かった。()()だとわかっていても、(はや)()(ぞく)()いたい。(ゆい)()をぎゅっと()きしめたい。

 

 (よく)(じつ)()(あん)だったが、(みせ)はいつも(どお)()けることにした。()(やく)もたくさん(はい)っているし、まず(みせ)(かた)()けなければならない。いつもより(はや)()きて(いえ)()た。だが、(おも)っていたほど(こわ)れたり()れたりしたものは(すく)なく、(かた)()けは30(ぷん)ほどですんだ。

 (かい)(てん)()(かん)になると(つぎ)(つぎ)とお(きゃく)さんがやってきた。(みせ)()(ごと)はすべて一人(ひとり)でこなしているので、()(にち)はとても(いそが)しい。まだ34(さい)(たい)(りょく)もあるから(だい)(じょう)()だが、(しょう)(らい)はだれか(やと)おうかと(かんが)(はじ)めている。

 10()()ぎに(でん)()()て、(ゆう)(がた)()(やく)が1(けん)キャンセルになった。昨日(きのう)()(しん)(しん)(かん)(せん)()まり、(とう)(きょう)から(もど)れなくなった(ひと)がいたため、()わりに()(ごと)()なければならなくなったそうだ。(こん)(かい)()(しん)()くなったりした(ひと)はほとんどいないようだが、いろいろなところに(えい)(きょう)()ている。(さき)ほどの(じょ)(せい)(きゃく)は、(きゅう)(しょく)センターの(れい)(ぞう)()()(しん)(こわ)れたせいで、明日(あした)から(まい)(あさ)()どものお(べん)(とう)(づく)りだと()っていた。

キャンセルしたのは今日(きょう)(さい)()のお(きゃく)さんだったので、(はや)めに(みせ)()めようかと(おも)った。売上(うりあげ)(たい)(せつ)だが、たまにはゆっくり()(ぞく)()ごしたい。

 ところが、(ゆう)(がた)()(やく)なしのお(きゃく)さんが(みせ)()てしまった。小畑(おばた)のおじいちゃんだ。

「あら、小畑(おばた)さん。ひさしぶり。こんな()(かん)()るなんてめずらしいですね」

「ああ、ちょっとね。()(やく)していないけど、大丈夫(だいじょうぶ)かい?」

「ええ。大丈夫(だいじょうぶ)です。どうぞ」

 小畑(おばた)さんなら、カットとシャンプーだけだから、そんなに()(かん)はかからない。だが、わりとおしゃべり()きなのでたまに(なが)()くこともある。

これ()(じょう)(きゃく)()ると(こま)るので、()(ばや)(そと)()てドアにかけてある「(えい)(ぎょう)(ちゅう)」の(ふだ)を「(じゅん)()(ちゅう)」にひっくり(かえ)した。

「はい、じゃあ、こちらにマスクを()れてくだ……。あれ? 小畑(おばた)さん。マスクしてないじゃないですか。だめですよ」

「ああ、ごめんごめん。ついうっかりしてた」

「もう()()けてくださいね。あとで、マスクあげますから」

 ()(だん)しっかりしている小畑(おばた)さんにしてはめずらしいことだと(おも)った。

小畑(おばた)さんは(のう)()だった。(おく)さんと二人(ふたり)でお(こめ)()(さい)(つく)っていた。()どもはいなかったが、(ふう)()二人(ふたり)(しあわ)せに()らしていた。だが、(いえ)があったのは(うみ)(ちか)くだった。10(ねん)(まえ)()(なみ)(いえ)()んぼを(うしな)った。そして、7(ねん)(まえ)、この(やなぎ)()(した)(まち)()てられた(ふっ)(こう)(だん)()()()してきた。3年前(ねんまえ)(おく)さんを()くした。それからずっと(ひと)()らしだが、いつもきちんとした(かっ)(こう)をしているし、80(さい)()ぎた(いま)でも(けん)(こう)で、(あし)(こし)もしっかりしている。(かみ)(しろ)いが、(りょう)(おお)いほうだ。

「いつもどおりで、いいですか?」

「うん。いつもどおりで」

 タオルとケープを(くび)()くと、いつものようにハサミを(うご)かしていく。(はや)(かえ)りたいけど、(いそ)ぐわけにはいかない。(きゃく)(はなし)()くのも(とこ)()()(ごと)だ。お(きゃく)さんには(かみ)(がた)だけじゃなく、(こころ)もすっきりして(かえ)って()ってほしい。

小畑(おばた)さんのように()(しん)()(なみ)()(がい)()けて(ふっ)(こう)(だん)()(うつ)ってきた(ひと)は、ここでつらい経験(けいけん)(かた)っていくことがある。けど、小畑(おばた)さんはいつも(まえ)()きで、()(なみ)(いえ)()んぼを(うしな)っても、「うちには(あと)()いでくれる()どももいないし、これでよかった。()()()()ってくれて、(たす)ったよ」と(はな)す。(おく)さんが()くなったときも、「もしおれが(さき)()んでしまったら、あいつは一人(ひとり)になってさびしがるから。(さき)()ってくれて、()っててくれているって(おも)ったほうが()(らく)でいい。おれはひとりで大丈夫(だいじょうぶ)だから」と()っていた。(つよ)(ひと)だと(おも)った。

でも、今日(きょう)小畑(おばた)さんは、(ぜん)(ぜん)(くち)(ひら)かない。どこか()(だん)(よう)()(ちが)う。(すこ)(なに)(はな)しかけてみよう。

今年(ことし)(あたた)かいから、(さくら)()くのは(はや)いみたいですね。チューリップも順調(じゅんちょう)ですか?」

「あ、うん、そうだね。(にゅう)(がく)(しき)までには()くんじゃないかなあ」

「わあ、(たの)しみ。今年(ことし)(ゆき)もたくさん()ったし、(つち)(なか)のチューリップの(きゅう)(こん)大丈夫(だいじょうぶ)かなって心配(しんぱい)してたんです」

「いやいや、そうじゃない。チューリップの(きゅう)(こん)には(ふゆ)(さむ)さが(ひつ)(よう)なんだ。(あたた)かいと、ちゃんと(そだ)たなかったり、(はな)がきれいに()かなかったりするんだよ」

「へえー、そうなんですか」

「そう。それから(ふゆ)でもしっかり(みず)をあげること。(つち)(なか)()(がい)(かん)(そう)しているからね。人間(にんげん)(おな)じさ」

小畑(おばた)さんが()んでいる(ふっ)(こう)(だん)()には(おお)きな(にわ)がある。小畑(おばた)さんはそこに()(だん)(つく)り、いろいろな(はな)(そだ)てていた。小畑(おばた)さんはまるで(まご)のことを(はな)すようにうれしそうに(はな)について(かた)っていく。それで、こちらも()(ぜん)(おぼ)えてしまった。たとえば、チューリップは(あき)球根(きゅうこん)()え、(はる)(はな)()かせるそうだ。()えてから()くまでにそんなに()(かん)がかかるとは(おも)わなかった。

こういう(はなし)をすると、小畑(おばた)さんはいつも(かなら)ず「(なが)(あいだ)(のう)(ぎょう)をしてたから、(いま)でも(まい)(にち)(つち)()れていないと()()かないんだ」と()う。しかし、今日(きょう)はそこで(かい)()()わってしまった。(なに)(なや)みでもあるのだろうか。一人(ひとり)()()をこなし、(さけ)もたばこもやらない。そのうえ、このコロナ()だ。ストレスがたまっているのかもしれない……

 カットが()わり、シャンプーと(かお)()りの(あと)、マッサージをしながら、ふと()いてみた。

昨日(きのう)()(しん)(たい)(へん)でしたね」

「えっ、()(しん)?」

 小畑(おばた)さんは(おど)いた(かお)をしている。

「ああ、()ていたから()づかなかったよ。ははは」

(うそ)だ。あれだけ(おお)きな()(しん)だ。()ていたとしても()づかないわけがない。どこへ()っていたのだろう?

「ねえ、小畑(おばた)さん。なんか今日(きょう)(げん)()がないようですが、(なに)かあったんですか? (わたし)でよければ()きますよ」

「ああ。……(じつ)は、(さい)(きん)、……()きる()()って(なん)だろうって(かんが)えているんだよ」

()きる()()ですか……」

震災(しんさい)のあと、毎年(まいとし)3(がつ)になると、(いえ)があったところに一人(ひとり)()ってみるんだ。バスと(でん)(しゃ)(ちか)くの(えき)まで()って、そこからタクシーに(たの)んで、そのあたりをぐるっと(まわ)ってもらうんだ。ちょっと()(ちゅう)(くるま)()めてもらったりして。(いち)(ねん)()()(ねん)()は、()(ぜん)(おも)(かげ)があちこちに(のこ)っていたからよかったよ。(むね)(いた)むが、『()(ぶん)はここで()まれて、ここに()んでいた』って(おも)えたからね。でも、(ねん)(ねん)、その(おも)(かげ)()えていって、()らない()()()わっていくんだ。()わらないのは、(うみ)だけさ……」

 (かがみ)(うつ)小畑(おばた)さんの(かお)には(かな)しみがあふれていた。

「それでも、あそこに()けば、(なに)(たい)(せつ)なものを(おも)()せるんじゃないかって毎年(まいとし)(かよ)ってたんだ。けど、去年(きょねん)今年(ことし)もコロナ()()けなかった。こんな(とし)()りが(でん)(しゃ)やバスに()って()かけたら、それこそ()(けん)(さま)(めい)(わく)がかかるからね。そうしている(あいだ)に、もう(じゅう)(ねん)だ……。(けっ)(きょく)、あそこに()ったところで、もう(なに)大切(たいせつ)なものなんか()つからないのさ。……おれの人生(じんせい)、いったい(なん)だったんだろう? ただ()まれて()んでいくだけなら、()まれた()()なんかないじゃないか。それなら、もう……()わりにしたい……あいつのいるところへ()きたい……って……(おも)ったんだ……」

 そこで不思議(ふしぎ)なことが()きた。小畑(おばた)さんの身体(からだ)がだんだん透明(とうめい)になっていくのだ。そして、ついに()えてしまった。

 どこかでそんな()がしていた。5年前(ねんまえ)の3月10日、(よる)にひとりの(じょ)(せい)(かみ)()りに(みせ)()た。()(なみ)()くなった(ゆう)(れい)だった。息子(むすこ)(しょう)(がっ)(こう)(そつ)(ぎょう)(しき)()るためにあの()からやってきたのだ。今日(きょう)小畑(おばた)さんは、その(じょ)(せい)とどこか()ている(かん)じがあった。ただ、その女性(じょせい)(はだ)(こおり)のように(つめ)たかったが、小畑(おばた)さんの(はだ)はそれほどでもなかった。そこで、はっとして(ちょう)(ない)(かい)(かい)(ちょう)さんに(でん)()をかけた。

(かい)(ちょう)さん、(ふっ)(こう)(だん)()(かん)()(にん)さんの(でん)()(ばん)(ごう)(おし)えていただけませんか。(いそ)いでいるんです!」

 (かい)(ちょう)さんから()いた(ばん)(ごう)(でん)()をかけると、すぐに(かん)()(にん)さんが()た。小畑(おばた)さんのことをたずねると、(おも)った(とお)りだった。()(たく)(でん)()をかけ、(おっと)に「ごめん! (きゅう)(よう)()ができたの。(かえ)(おそ)なる」と(つた)えると、(いそ)いで病院(びょういん)()かった。

 

 (びょう)(いん)()いて、(かん)()(にん)さんに(おし)えてもらった(びょう)(しつ)()こうとすると、(ろう)()(かん)()()()められた。

「ご()(ぞく)()(がい)(めん)(かい)できないことになっているんです」

(めい)です。(むかし)、すごく()()になっていたんです。(さい)()になるかもしれないなら、(ひと)()でいいから()わせてください! お(ねが)いします!」

 (ひっ)()(たの)むと、(こま)った(かお)をしながら、()()(とお)してくれた。(じん)(こう)()(きゅう)()()けた小畑(おばた)さんがベッドに(よこ)たわっていた。

(かん)()(にん)さんの(はなし)によると、昨日(きのう)小畑(おばた)さんは()()(すい)(みん)(やく)(たい)(りょう)()んで()(さつ)しようとしたらしい。しかし、そのあと、()(しん)()きた。()れがおさまったあと、(かん)()(にん)さんが(たず)ねてきた。(じゅう)(にん)()()かどうか確認(かくにん)するためだ。そこで、(たお)れている小畑(おばた)さんを(はっ)(けん)した。すぐに(きゅう)(きゅう)(しゃ)()んで(びょう)(いん)()(りょう)()けた。だが、まだ()(しき)(もど)らず、いつ()くなってもおかしくない(じょう)(たい)だという。

ベッドの(よこ)から(ねむ)ったままの小畑(おばた)さんに(はな)しかけた。

小畑(おばた)さん、()こえますか。()いに()ましたよ。(とこ)()()()です」

 ()(ばた)さんの(ひだり)()()(ぶん)()(かさ)ねた。

小畑(おばた)さん、ひとりでさびしかったんですね。だから、わざわざ(みせ)まで()いに()てくれたんでしょう? (わたし)、さっき小畑(おばた)さんが()ってたこと、まだちゃんとわかっていないかもしれないけど、こう(おも)うんです。(わたし)()(ごと)はお(きゃく)さんの(かみ)()ることで、(いま)までたくさんのお(きゃく)さんの(かみ)()ってきました。でも、どんなに上手(じょうず)()っても、(かみ)()びるからまた()らなきゃいけなくて、(けっ)(きょく)いつまでたっても(かん)(せい)しない()(ごと)なんです。けど、ちゃんと()れば、お(きゃく)さんは(よろこ)んでくれます。その(よろこ)びは(いっ)(しゅん)かもしれないけど、きっとだれかにつながっていくと(おも)うんです。そのお(きゃく)さんがまた(みせ)()てくれれば、(わたし)もうれしくなります。それに、(かみ)()って、だれかに()められたりしたら、その(ひと)(なに)かしてあげたくなるじゃないですか。そうやって(よろこ)びはずっと(つづ)いていくと(おも)うんです」

 ()()くと、(なみだ)がこぼれそうになっていた。

「それと(おな)じで、小畑(おばた)さんが(そだ)てたお(こめ)()(さい)をおいしいって()べてくれた(ひと)は、きっとまた(べつ)のだれかを(ちが)(かたち)(よろこ)ばせているはずです。それに、(いま)でも小畑(おばた)さんの(そだ)てた(はな)()るのを(たの)しみにしている(ひと)がたくさんいますよ。だから……だから、絶対(ぜったい)小畑(おばた)さんの人生(じんせい)意味(いみ)がないなんてことありません! ……(わたし)小畑(おばた)さんに()えてよかったです」

 そのとき、小畑(おばた)さんの()がぴくっと(うご)いた。

小畑(おばた)さん」

 かすかに()()いた。(なに)()おうとしている。ゆっくりと(くち)(うご)く。(こえ)はほとんど()こえない。けど、(くち)(うご)きでわかった。

―ありがとう―

うんうんと(おお)きくうなずいてみせる。小畑(おばた)さんの(ほほ)がほんの(すこ)()がった。ほほえんでいるのだ。だんだんまぶたが()がってきた。()(きゅう)(すこ)しずつ(よわ)くなっていく。(いき)()きとる(しゅん)(かん)小畑(おばた)さんの(からだ)から(なに)かが()けていくのがわかった。

 

 4(がつ)()今日(きょう)近所(きんじょ)小学校(しょうがっこう)入学式(にゅうがくしき)だ。通勤(つうきん)途中(とちゅう)(あし)()め、(ふっ)(こう)(だん)()()(だん)(まえ)でチューリップを(なが)めていた。すると、(うし)ろから()(てん)(しゃ)のブレーキの(おと)()こえた。

「おはようございます! ゆうれいさん!」

 (とこ)()の「(ゆう)」の「(れい)()さん」だから、「ゆうれいさん」だそうだ。(わたし)のことをこう()ぶのは(いま)一人(ひとり)しかない。

大希(ひろき)くん、おはよう。今日(きょう)から(がっ)(こう)?」

「はい、と()っても、(はる)(やす)(まい)(にち)()(かつ)(がっ)(こう)()ってますけど」

(こん)()()(ねん)(せい)だよね?」

「イエス!」

あの大希(ひろき)くんがもう(こう)(こう)(せい)()(ねん)(せい)か。()()った(ころ)は、(わたし)より(ちい)さかったのに、(いま)では()()げるほど()(たか)くなってたくましくなった。大希(ひろき)くんは5(ねん)(まえ)(みせ)()(ゆう)(れい)(じょ)(せい)息子(むすこ)だ。この(きん)(じょ)()んでいて、うちの(みせ)のお(きゃく)さんでもある。(くろ)いマスクなんかしてかっこつけているが、(なか)()はまだまだ()どもだ。

そんな大希(ひろき)くんが(きゅう)にまじめな(かお)をして

()きました。この()(だん)()()をしてたおじいさん、()くなったって……」

()った。

「うん。そうなの……。小畑(おばた)さんっていうおじいちゃんで、うちのお(きゃく)さんだったの」

「すごく(ざん)(ねん)です。いつかお(れい)()いたいって(おも)ってたから」

「お(れい)?」

「うん。ぼく、この(まち)()()してきたとき、まだお(かあ)さんのことで()()んでいて、(あたら)しい(しょう)(がっ)(こう)にもなじめなくて、なにかも(いや)になっていたんです。でも、(あさ)(しょう)(がっ)(こう)()くとき、このチューリップを()て、(はっ)(けん)したんです。ほら、この()(だん)のチューリップ、()(まえ)から(あか)(しろ)()(いろ)(じゅん)(なら)んでるでしょ?」

「えっ?」

大希(ひろき)くんはちょっと()ずかしそうに(うた)()した。

 

  さいた さいた チューリップのはなが

  ならんだ ならんだ あか しろ きいろ 

  どのはな みても きれいだな

 

(しょう)(がっ)(こう)(おん)(がく)(じゅ)(ぎょう)(なら)うあの「チューリップ」の(うた)だ。

「この()(だん)にチューリップを()えた(ひと)は、この(みち)(とお)()どものことを(かんが)えて、ちゃんと(うた)()わせて、(あか)(しろ)()(いろ)(じゅん)にしてくれたんだって()づいたんです。そうしたら、このチューリップが()(ぶん)のために()いてくれているような()がして、なんだかぼくもがんばろうって(おも)ったんです。そのあと、(なん)(かい)かあのおじいさんが()(だん)()()をしているのを()かけたんですけど、なかなか(こえ)をかける(ゆう)()がなくて……」

大希(ひろき)くんは()(てん)(しゃ)()め、()(きゅう)バッグとバットを()(めん)()いた。そして(わたし)のとなりにしゃがむと、チューリップに()かって()()わせた。

チューリップが(かぜ)()れる。(わたし)()いた。

小畑(おばた)さんは()っていた。チューリップがちゃんと(そだ)ってきれいに(はな)()かすには(ふゆ)(さむ)さと(みず)(ひつ)(よう)なんだと。それは(にん)(げん)(おな)じだと……。

 

(わたし)()きやむまで、大希(ひろき)くんはそばにいてくれた。「ありがとう」と(つた)えると、大希(ひろき)くんは(だま)ってうなずき、(やさ)しく()でほほえんだ。

——こいつ、(なか)()もちゃんと(せい)(ちょう)してる。

(おお)きく(いき)()()んだ。この(あし)(かん)()(にん)さんのところへ()こう。()(だん)()()(だん)()のみんなで()()けしてすることになったそうだが、(わたし)()(つだ)わせてもらおう。

どこからか(しろ)いちょうちょが()んできた。ちょうちょはしばらくチューリップの(うえ)をひらひら()って、(わたし)大希(ひろき)くんの(あいだ)(とお)って、またどこかへ()んでいった。

 

(完)

 

<引用> 唱歌『チューリップ』作詞:近藤宮子

 

黒コウモリと白コウモリ★★

ある 森 ( もり ) にコウモリの 村 ( むら ) があった。 その 村 ( むら ) の 小 ( ちい ) さな 洞 ( どう ) 窟 ( くつ ) にひとりのコウモリが 住 ( す ) んでいた。 名 ( な ) 前 ( まえ ) はサカサ。 家 ( か )...