投稿

「藤田 嗣治 ー 世界の画家 フジタの一生 ー」★★★★★

イメージ
藤(ふじ)田(た)嗣(つぐ)治(はる)は、20世(せい)紀(き)に活躍(かつやく)した日本人の画家(がか)である。それまでの日本人の画家(がか)は、留(りゅう)学(がく)生(せい)として短(たん)期(き)間(かん)現(げん)地(ち)で過(す)ごし、学(まな)んだ文(ぶん)化(か)をただ日本に持ち帰るだけだった。しかし、彼は長い年(ねん)月(げつ)をフランスで過(す)ごし、現(げん)地(ち)でその実(じつ)力(りょく)を認(みと)められたのである。これはアジアの画家(がか)として初(はじ)めてのことであった。 しかし、そんな彼(かれ)が、長い間、日本では評(ひょう)価(か)されてこなかった。それは、彼が戦(せん)争(そう)に深(ふか)く関(かか)わったとされてきたからである。戦(せん)後(ご)、再(ふたた)び彼(かれ)はフランスに渡(わた)る。その後(ご)、日本国(こく)籍(せき)を捨(す)て、フランス人になった。さらに、キリスト教(きょう)の洗礼(せんれい)を受(う)け、「レオナール・フジタ」と名前を変(か)えた。

「サッカー」★★

イメージ
世(せ)界(かい)で一(いち)番(ばん)人(にん)気(き)があるスポーツは何(なん)ですか?

 もちろんサッカーです。

日本(にほん)では「サッカー(soccer)」と言(い)いますが、「フットボール(football)」と言(い)う国(くに)もあります。特(とく)に、ヨーロッパや南(みなみ)アメリカで人(にん)気(き)があります。