Sunday, September 18, 2022

ヘビ博士(ヘビはかせ)★★★

 ヘビ博士(はかせ)()()つのが()きだった。()()ちたくて、()(がく)(しゃ)になったのだ。たくさんすごい(はつ)(めい)をして、(おお)(がね)()ちになった。そして、(つき)(おお)きな(いえ)(けん)(きゅう)(じょ)()て、()(はじ)めた。

でも、(つき)には()(ぶん)()めてくれる(ひと)がいなかった。それで、ヘビ博士(はかせ)はロボットを(つく)り、カエルという名前(なまえ)()けた。カエルは博士(はかせ)(かんが)えを(かん)(ぜん)()(かい)して、「さすが博士(はかせ)! 天才(てんさい)ですね」と毎日(まいにち)()めた。

しかし、(とき)()ぎ、(とし)()ると、ヘビ博士(はかせ)もすごい発明(はつめい)ができなくなった。

ある()博士(はかせ)は「(さい)()()(きゅう)(ばく)(はつ)させるミサイルを(つく)る!」と()()した。

カエルは、(すこ)(かんが)えてからこう()った。

「ミサイルを(つく)るのは(けっ)(こう)ですが、それで()()つことはできませんよ」

(なに)! みんな、わしのことをすごいと(おも)うだろう?」

「いいえ。ミサイルを(つく)っても、(じっ)(さい)(ばく)(はつ)させてみなければ、だれも(しん)じません」

「じゃあ、爆発(ばくはつ)させればいいじゃないか」

「そんなことをしたら、だれもいなくなってしまいます」

 博士(はかせ)(うで)()みをして「(はん)(ぶん)じゃつまらないし……」と(かんが)()んだ(あと)

「そうだ。おまえがいるじゃないか!」と()った。

「はい。わたしはいます。でも、わたしもやがて(こわ)れて()まります」

「ん~、それもさびしいなあ」

「いいアイディアがあります。ミサイルで()(きゅう)(ばく)(はつ)させた(あと)(つき)(おお)きな博士(はかせ)のお(はか)()てましょう。そして、そこに『()(きゅう)(ばく)(はつ)させたのは、ヘビ博士(はかせ)だ』と()いておくのです。そうすれば、(しょう)(らい)()(ちゅう)(じん)がやってきたとき、ヘビ博士(はかせ)()(きゅう)(いち)(ばん)すごい()(がく)(しゃ)だったと()かります。博士(はかせ)()(ちゅう)(いち)()()てます」

「ほう、()(ちゅう)(いち)か。それは()いアイディアだ! さすがおまえはわしのことをよく()(かい)している」と博士(はかせ)()()がって(よろこ)んだ。

「はい、ロボットは(つく)った(ひと)()ると()いますからね。しかし、(ひと)(もん)(だい)があります。(つき)には(はか)(いし)になるような(りっ)()(いし)がありません」

「たしかに。では、()(きゅう)(りっ)()(はか)(いし)(とど)けてくれるように(たの)んでおいてくれ」

「はい、わかりました」

 その()から、博士(はかせ)(いっ)(しょう)(けん)(めい)ミサイルを(つく)(はじ)めた。やがて()(きゅう)からのロケットが(とう)(ちゃく)した。その(ころ)には、ミサイルはほとんど出来上(できあ)がっていた。しかし、ロケットでやってきたのは墓石(はかいし)ではなく、警察(けいさつ)だった。

 (よく)(あさ)(しん)(ぶん)は、()(きゅう)(まも)った(せい)()のロボットが一面(いちめん)(かざ)った。

(おわり

Wednesday, July 20, 2022

君と花火★★★★

あれは高校(こうこう)(ねん)(はる)だった。

ゴールデンウィーク()けの5(がつ)6(むいか)。ぼくは()(ぼう)して、(あわ)てて(きょう)(しつ)(うし)ろのドアを()けた。()(まえ)()かれた(こく)(ばん)(まえ)に、(すこ)(なが)めのロングヘアーの(おんな)()()っていた。

転校生(てんこうせい)のようだ。

吉川(よしかわ)春香(はるか)です。よろしくお(ねが)いします」

彼女(かのじょ)はみんなに()かってお辞儀(じぎ)をした。そのあと、一瞬(いっしゅん)彼女(かのじょ)()()った

担任(たんにん)後藤(ごとう)先生(せんせい)

「じゃあ、あそこの(せき)に」と教室(きょうしつ)一番(いちばん)(うし)ろの(せき)()した。

ぼくのとなりだ。ぼくの苗字(みょうじ)は【八城(やしろ)】で(しゅっ)(せき)番号(ばんごう)男子(だんし)最後(さいご)だった。彼女(かのじょ)苗字(みょうじ)は【吉川(よしかわ)】だから、女子(じょし)最後(さいご)だ。

となりの(せき)4(がつ)からずっと()いていて、だれが()るのか()になっていた。ぼくは16(ねん)()きてきた(なか)で、(さい)(こう)にラッキーなことが(いま)()きたと(おも)った。すると、

八城(やしろ)、おまえもぼうっと()ってないで(はや)(せき)につけ!」

先生(せんせい)(しか)られ、みんなに(わら)われた。

それまでは、放課後(ほうかご)にバスケットボールをするために(かよ)っていたようなものだった。教室(きょうしつ)でじっと授業(じゅぎょう)()いているのは、退屈(たいくつ)でつらかった。でも、彼女(かのじょ)()てから毎日(まいにち)学校(がっこう)()くのが(たの)しみになった。あいさつをしたり、英語(えいご)授業(じゅぎょう)会話(かいわ)相手(あいて)をしたり、()とした()しゴムを(ひろ)ってあげたり、そんなささいなやりとりが、ぼくにとっては試合(しあい)でシュートを()めたときのようにうれしかった。

吉川(よしかわ)のほうも(あたら)しい学校(がっこう)()れ、(とも)だちもできて、(たの)しんでいるようだった。(あたま)()く、(てい)()テストでは(がく)(ねん)(じょう)()(はい)った。(にゅう)()したテニス()でも三年生(さんねんせい)より上手(じょうず)だと評判(ひょうばん)だった。ぼくは()(かつ)休憩(きゅうけい)時間(じかん)になるたびに、(たい)(いく)(かん)(そと)()(すず)んでいるふりをしながら、テニスコートで練習(れんしゅう)する吉川(よしかわ)(とお)くから(なが)めていた。

 

ところが、6(がつ)(はい)ると、(よう)()()わった。転校(てんこう)してきたばかりのころは、(やす)時間(じかん)になると、彼女(かのじょ)(まわ)りに次々(つぎつぎ)女子(じょし)()って()て、おしゃべりをしたり、にぎやかなものだった。けど、吉川(よしかわ)(かん)する(いや)なうわさがあちこちで(なが)れ、彼女(かのじょ)(まわ)りから、一人(ひとり)、また一人(ひとり)(とも)だちがいなくなった。

人気(にんき)のある男子(だんし)告白(こくはく)してふられたとか、(だい)(がく)(せい)(よる)(あそ)(ある)いているとか、転校(てんこう)してきたのは(まえ)学校(がっこう)先生(せんせい)()()っているのがバレたからだとか……。どれも(みみ)をふさぎたくなるような(わる)いうわさばかりだった。

吉川(よしかわ)一人(ひとり)ぼっちの(やす)時間(じかん)を、(ほん)()んで()ごした。そのうちテニス()()めてしまった。(まい)(あさ)()まった時間(じかん)(とう)(こう)し、(ほう)()()になると、ぱっと(せき)()って(かえ)るようになった。

でも、彼女(かのじょ)学校(がっこう)(やす)んだりはしなかった。そのおかげで、ぼくの日常(にちじょう)はなんとか(たも)たれた。

 

 バスケ()地区(ちく)大会(たいかい)優勝(ゆうしょう)し、7(がつ)(けん)大会(たいかい)出場(しゅつじょう)することになった。三年生(さんねんせい)にとっては最後(さいご)大会(たいかい)だったが、ぼくは()(ねん)(せい)でただ一人(ひとり)試合(しあい)()ることができた。チームで一番(いちばん)身長(しんちょう)(たか)いこともあってセンターを(まか)された。

()(たか)いだけ」と()われたくなくて、(いま)まで以上(いじょう)練習(れんしゅう)(はげ)んだ。(あさ)(はや)()きして、体育館(たいいくかん)でシュート練習(れんしゅう)をした。そのせいで授業中(じゅぎょうちゅう)()きているのが、ますますつらくなった。

その(ころ)、クラスメイトたちは、来月(らいげつ)花火(はなび)大会(たいかい)をだれと()()くかで()()がっていた。親友(しんゆう)(たか)(はし)

八城(やしろ)もいっしょに()こうぜ!」と(さそ)われたが、

(けん)大会(たいかい)があるから、やめとく」

(ことわ)った。

花火(はなび)大会(たいかい)(けっ)勝戦(しょうせん)前日(ぜんじつ)だった。

 

その()市内(しない)体育館(たいいくかん)(けん)大会(たいかい)準々(じゅんじゅん)決勝(けっしょう)(おこな)われた。(けっ)()()しくも()けてしまった。引退(いんたい)()まった三年生(さんねんせい)はみんな()いていた。

解散(かいさん)したあと、ぼくは体育館(たいいくかん)(まわ)りを一人(ひとり)(はし)った。太陽(たいよう)がじりじりと()りつける(なか)(なん)(しゅう)も、(なん)(しゅう)も……(なに)(かんが)えられなくなるまで(はし)った。

(そら)(くら)くなりかけたころ、もう(いっ)()(はし)れなくなり、(たい)(いく)(かん)(まえ)(すい)(どう)(あたま)から(みず)()びた。そのとき、(うし)ろから

「おつかれさま」と(こえ)をかけられた。

 ()()くと、彼女(かのじょ)()っていた。

吉川(よしかわ)……なんで?」

試合(しあい)()()たの。ひまだったから」

「ふうん。バスケット、()きなんだ」

「そういうわけじゃないけど、八城(やしろ)くんがバスケットしてるところを一度(いちど)()てみたかったの。いつもテニス()練習(れんしゅう)、じろじろ()られてたから、その()(かえ)しに」

「……」

 ()づかれていた……

()しかったね。最後(さいご)のシュート」

そうだ。あのシュートさえ()まっていれば、今日(きょう)試合(しあい)()てたかもしれない。

「ああ。おれのせいで()けたんだ」

「そんなことないよ。何本(なんぼん)もシュート()めてたじゃない。それに、かっこよかったよ。必死(ひっし)でボールを()いかけてる八城(やしろ)くん」

 吉川(よしかわ)に「かっこよかった」と()われて(おも)わずドキッとした。

()(かえ)しっていうわりに、ちゃんと()てくれたんだ。でも、なんでこんな(おそ)時間(じかん)まで」

「だって、(かえ)るとき(ひと)(こえ)かけようと(おも)ったら、八城(やしろ)くん、(きゅう)(はし)()しちゃうんだもん」

「あ、そうか」

「はい、これ。もうぬるくなっちゃったかも」

 彼女(かのじょ)がビニール(ぶくろ)から()()したのは、ペットボトルのコーラだった。

「あ、コーラ! サンキュー」

「この(ちか)くの()(どう)(はん)(ばい)()じゃ()ってなくて、わざわざ駅前(えきまえ)のコンビニまで()って()ってきたんだよ。まあ、わたしものどが(かわ)いて(なに)()(もの)がほしかったから、そのついでだけど。コーラ、()きなんでしょ?」

「あれ? おれ、コーラが()きって()ったことあったっけ?」

()ってたよ」

「えっ?」

英語(えいご)授業(じゅぎょう)で【アイ ライク コーラ!】って」

とぼくの真似(まね)をして(ふと)(こえ)()った。それがおかしくてぼくが()()すと、吉川(よしかわ)もおなかを(かか)えて(わら)()した。その笑顔(えがお)がたまらなく可愛(かわい)くて、()()くと、ぼくは彼女(かのじょ)花火(はなび)大会(たいかい)(さそ)っていた。

「いいよ。いっしょに()こう」

 

花火(はなび)大会(たいかい)()()()わせの時間(じかん)ちょうどに公園(こうえん)()いたが、(かの)(じょ)()()たらなかった。

公園(こうえん)(なか)は、もう(けん)(ぶつ)(きゃく)でいっぱいだった。ぼくの身長(しんちょう)なら()ってさえいれば、どこからでも花火(はなび)()えそうだが、吉川(よしかわ)身長(しんちょう)だと(きび)しいかもしれない。どこかいい()(しょ)がないか(さが)していると、

「ごめん。(おく)れて」

(うし)ろからTシャツの(すそ)()っぱられた。

浴衣(ゆかた)姿(すがた)吉川(よしかわ)は、まぶしかった。(こん)(いろ)浴衣(ゆかた)(あか)金魚(きんぎょ)(およ)いでいた。(かみ)(がた)()(だん)(ちが)い、(むす)んだ(かみ)(まる)くまとめて、前髪(まえがみ)(よこ)(なが)してピンで()めていた。制服(せいふく)姿(すがた)しか()たことがなかったので、いっしょにいるだけでなんだか()れくさかった。

「だ、だいじょうぶ。おれも(いま)()たところだから」

「そう。八城(やしろ)くんは(おお)きいから()つけやすくて(たす)かったよ。ごめんね。(きょ)(ねん)までは浴衣(ゆかた)はお(かあ)さんに()せてもらってたんだけど、今年(ことし)(はじ)めて一人(ひとり)()たから、時間(じかん)かかっちゃった。(へん)じゃない?」

「う、うん……」

 本当(ほんとう)は「きれいだよ」とか、「似合(にあ)ってるよ」という言葉(ことば)(いっ)(しゅん)(あたま)()かんだが、()ずかしくて(くち)にはできなかった。

 (けん)(ぶつ)できる場所(ばしょ)(さが)さなきゃと(おも)っていたが、吉川(よしかわ)が「わたし、お(かあ)さんにいいところ(おし)えてもらったんだ」というので、花火(はなび)大会(たいかい)(はじ)まるまで二人(ふたり)屋台(やたい)(めぐ)ることにした。

たこ()き、()きそば、フランクフルト、りんご(あめ)にカキ(ごおり)輪投(わな)げに射的(しゃてき)金魚(きんぎょ)すくい……。たくさん()べて、たくさん(あそ)んだ。

ぼくが(おお)きな(くち)()けてばくばく()べる(よう)()吉川(よしかわ)(たの)しそうに(なが)めていた。ぼくも()どもみたいに射的(しゃてき)金魚(きんぎょ)すくいに()(ちゅう)になる彼女(かのじょ)()るが(たの)しかった。

 ()()れて、そろそろ花火(はなび)大会(たいかい)(はじ)まるころ、吉川(よしかわ)()うおすすめの場所(ばしょ)()かおうとした。そのとき、

八城(やしろ)くん!」と(こえ)をかけられた。

 (おな)じクラスの井沢(いざわ)佳苗(かなえ)だ。そのとなりに()った(かお)女子(じょし)二人(ふたり)いた。たしかみんなテニス()のはずだ。

 井沢(いざわ)たちは、ぼくのとなりに吉川(よしかわ)がいるのを発見(はっけん)すると、(まゆ)をひそめてコソコソ(ばなし)(はじ)めた。

きっとこいつらがあの(へん)なうわさを(なが)したに(ちが)いない。(あたま)()た。

()こう!」と吉川(よしかわ)()をとった。

「え、ちょっと()ってよ」と()(よし)(かわ)(こえ)()()して、ずんずん(ある)いた。

(ひと)()みを()け、公園(こうえん)から50メートルほど(はな)れた(はし)(うえ)まで()たとき、()()まって、

「あいつらのことなんか()にすんなよ。おれは(しん)じてるから」と()った。

そこで(にぎ)っていた()をそっと(はな)すと、彼女(かのじょ)()からぽろぽろ(なみだ)がこぼれてきた。

()くなよ」

「ちがうよ。八城(やしろ)くんが(つよ)()()()るから、(いた)くて(なみだ)()てきたの!」

そんなに(つよ)()()ったわけでもないが、一応(いちおう)「ごめん」と(あやま)った。

吉川(よしかわ)はハンカチで(なみだ)をぬぐってから、「よし、(ゆる)してやる」と(すこ)(えら)そうに()った。それは、どこかぼくに()けられた言葉(ことば)ではないと(かん)じた。

 

 吉川(よしかわ)のおすすめの場所(ばしょ)というのは、(はし)(ちか)くにあるマンションの屋上(おくじょう)だった。母親(ははおや)同僚(どうりょう)がここに()んでいるそうだ。その(ひと)(はなし)によると、花火(はなび)大会(たいかい)()特別(とくべつ)屋上(おくじょう)開放(かいほう)しているということだ。もともとは(じゅう)(みん)()けのサービスだったようだが、(じゅう)(みん)たちが(ゆう)(じん)(しん)(せき)()れて()るので、その()は、だれでも(はい)って()けるようになっているらしい。

エレベーターで屋上(おくじょう)まで()がると、おおぜいの(ひと)椅子(いす)やレジャーシートに(すわ)って、()べたり()んだりしていた。だが、公園(こうえん)ほどの混雑(こんざつ)ではなかった。ぼくらも()ってきたシートを()いて、(なら)んで(すわ)り、(はな)()()った。(そら)はすっかり(くら)くなっていた。

ひゅ~と(おと)がしたかと(おも)うと、ぱっと(おお)きな(ひかり)()夜空(よぞら)()いた。

「すごい! きれい!」

花火(はなび)大会(たいかい)(はじ)まると、吉川(よしかわ)はさっき()いていたとは(おも)えないほど(あか)るく(げん)()になった。(あか)黄色(きいろ)花火(はなび)次々(つぎつぎ)()()がり、あっという()(だい)()(しゅう)(りょう)した。

(つぎ)(だい)()(はじ)まるまで(すこ)時間(じかん)があったので、二人(ふたり)()(もの)()いに()くことにした。

自動(じどう)販売機(はんばいき)でジュースを()い、エレベーターを()っているとき、

「ねえ、吉川(よしかわ)って勉強(べんきょう)できるけど、(じゅく)とか()ってるの?」

()いてみた。

「ううん。うち、両親(りょうしん)離婚(りこん)しちゃってさ。お(かあ)さんが(おそ)くまで(はたら)いているから、わたしが料理(りょうり)とか掃除(そうじ)とかしなきゃいけなくて、時間(じかん)ないから()ってない。それもあって、テニス()()めちゃったんだ」

()(がい)(こた)えが(かえ)ってきたが、冷静(れいせい)なふりをして「ふうん」とあいづちを()った。

「わたしね。(じつ)転校(てんこう)する(まえ)まで苗字(みょうじ)は『吉川(よしかわ)』じゃなくて、『相島(あいじま)』だったの。『吉川(よしかわ)』はお(かあ)さんの旧姓(きゅうせい)。だから、最初(さいしょ)はなんか(ちが)()(まえ)()ばれるの(いや)だなって(おも)ってたんだ」

「そうなんだ……」

「でも、そのおかげで八城(やしろ)くんのとなりになれた」

「えっ」

(いま)吉川(よしかわ)でもいいかなって(おも)ってるの。(あたら)しい()(ぶん)になれたみたいだし。それに、八城(やしろ)くんも『ヨシカワ~』って()ぶし」

吉川(よしかわ)自分(じぶん)名前(なまえ)だけぼくの(こえ)真似(まね)()った。

(わる)かったな」

()ったばかりのコーラをのどに(なが)()む。

(した)名前(なまえ)()んでもいいよ。『春香(はるか)』って」

 ブッと(おも)わずコーラを()()してしまった。ゴホゴホと(くる)しんでいるぼくを()て、吉川(よしかわ)

「あはは、本気(ほんき)にした?」と(たの)しそうにほほえんだ。

 

(だい)()花火(はなび)もにぎやかに()わり、あとは最後(さいご)(だい)()(のこ)すのみとなった。話題(わだい)途切(とぎ)れて()まずくなったので

(なに)()(もの)でも()って()ようか?」と()ったら、

「ええー! まだ()べるの!?」と(あき)れられた。

しばらく二人(ふたり)(だま)っていると、吉川(よしかわ)がつぶやいた。

「あのさー。(じつ)(なつ)(やす)みが()わったら、わたし……また転校(てんこう)するの」

「う、うそ。どこに?」

(ほっ)(かい)(どう)。お(かあ)さんの(じっ)()()(こん)して、(しょく)()()えて東京(とうきょう)からこっちに()()してきたんだけど、やっぱり二人(ふたり)()らしじゃ、きついって……」

 ぼくは(あたま)()(くら)になった。そして、(おも)わず()(けい)なことを()いてしまった。

「なんでお(とう)さんとお(かあ)さん、()(こん)しちゃったの?」

「……お(とう)さん、お(さけ)()むと(あば)れるんだ。(むかし)(やさ)しい(ちち)(おや)だったんだけど、会社(かいしゃ)をリストラされてから、毎日(まいにち)()むようになって……。(もの)()たるだけじゃなく、お(かあ)さんを(たた)いたり、()ったりして。それでも、お(かあ)さんは()えてた。けど、ついにわたしにまで()()げるようになって、もう()(まん)できないって……」

「そうだったんだ……」

「ほら、ここ」

 吉川(よしかわ)はピンで()めていた(まえ)(がみ)()()げた。(ひたい)3センチほどの傷跡(きずあと)があった。

(たた)かれて(たお)れたときに、テーブルの(かど)()っちゃったんだ」

「ごめん、(へん)なこと()いちゃって……」

「ううん。わたしのほうこそ、ごめんね。(ほっ)(かい)(どう)()くことも、()(こん)のことも、本当(ほんとう)はみんなに(だま)っておこうって(おも)ってたんだけど、やっぱり八城(やしろ)くんには(はな)しちゃった」

 吉川(よしかわ)前髪(まえがみ)のピンを()(なお)し、(はなし)(つづ)けた。

「……きっと、みんな、すぐにわたしのことなんか(わす)れちゃうよ。わたしだって(いや)なことはぜーんぶ(わす)れる。それで、(ほっ)(かい)(どう)()ったら(あたら)しい(せい)(かつ)(おも)いっきり(たの)しむんだ、って(おも)ってた。でも……やっぱりここをただの通過点(つうかてん)にしたくないんだ。いつか()(かえ)ったとき、この()(かん)にもなにか()()があったって(おも)いたい。だから、八城(やしろ)くんはわたしのこと、ずっと(おぼ)えてて」

「え……」

 吉川(よしかわ)はじっとぼくの()をのぞきこんだ。ぼくは(ちい)さく「うん」とうなずいた。

「もう一つ、いい? どうしてわたしがみんなに無視(むし)されてたか、()いてほしいの。(じつ)八城(やしろ)くんとちょっと関係(かんけい)があるんだ」

「うそ……」

「ほら、あのとき、()しゴムを(ひろ)ってくれたじゃない。テスト(ちゅう)、わたしの()しゴムが(まえ)(せき)(ほう)まで(ころ)がっていって、どうしようって(おも)っていたら、八城(やしろ)くん、わざと自分(じぶん)のえんぴつを()として、『先生(せんせい)、えんぴつ、(ひろ)ってもいいですか』って()って、さっと()しゴムも(ひろ)ってくれたでしょ。そのあとの(やす)時間(じかん)、ノートの()(はし)に『さっきはありがとう』って()いて(わた)したの。(おぼ)えてる?」

「う、うん」

(おぼ)えてるどころか、(いま)でもそのノートの()(はし)(いえ)(つくえ)(なか)(だい)()にしまってあった。

「それを()てた()がいるの。それで、わたしが八城(やしろ)くんに()がある。転校(てんこう)(せい)なのに()(はや)いって」

「えっ、それが原因(げんいん)で?」

「ううん、たぶん、それはただのきっかけ。でも、八城(やしろ)くん、女子(じょし)(あいだ)でけっこう人気(にんき)があるからさ。その(ころ)から(いち)()女子(じょし)()けられるようになって……。そのあと、サッカー()前野(まえの)くんに()()されて(こく)(はく)されたんだ。『()()ってほしい』って。はっきり(ことわ)ったんだけど、しつこいから、テニス()(とも)だちに(そう)(だん)したの。そしたら、その(はなし)井沢(いざわ)さんの(みみ)(はい)って……。()(ざわ)さん、前野(まえの)くんのことが()きだったみたいで……。(へん)なうわさを(なが)されて、テニス()とクラスの女子(じょし)から無視(むし)されるようになったの」

「……ごめん。おれ、()(けい)なことした」

「そうじゃない! 八城(やしろ)くんに(あやま)ってほしくて(はな)したんじゃないよ! お(れい)()いたかったの」

「お(れい)?」

「そう。みんなに無視(むし)されてたけど、八城(やしろ)くんはいつもとなりにいてくれたから」

たしかに、ぼくは吉川(よしかわ)のとなりにいた。(やす)時間(じかん)はたいてい()(ぶん)(せき)()(ねむ)りをしていた。けど、本当(ほんとう)(ねむ)くて()ていた(とき)もあるが、半分(はんぶん)()たふりだった。一人(ひとり)ぼっちで(ほん)()んでいる彼女(かのじょ)()()たせたくなかったからだ。ぼくの(おお)きな身体(からだ)彼女(かのじょ)(かく)したかった。いや、本当(ほんとう)はただ彼女(かのじょ)のそばにいたかっただけかもしれない。

——うっすら()()けると、(まど)から(はい)ってきた(かぜ)(きみ)(かみ)()らしている。(きみ)(ほそ)(ゆび)がページをめくるたび、(なが)いまつげが蝶々(ちょうちょ)のようにまばたきをする。2(がっ)()になっても(せき)()えなんかしなくていい。ずっとこのままでいたい——

「……()てただけだよ」

「そう。けど、ありがとう。そのおかげで毎日(まいにち)学校(がっこう)()れたよ。あ、(はじ)まった。花火(はなび)

 

花火(はなび)大会(たいかい)()わり、吉川(よしかわ)をうちまで(ある)いて(おく)ることになった。まだ(さわ)がしい公園(こうえん)(まえ)足早(あしばや)(とお)()ぎる。(おお)(どお)りを()けて、(じゅう)宅地(たくち)(はい)ると、すっかり(しず)かになった。街灯(がいとう)()かりがとなりを(ある)吉川(よしかわ)横顔(よこがお)()らす。いつもより大人(おとな)っぽく()えた。

もうぼくに(のこ)された言葉(ことば)(ひと)つしかなかった。(つた)えたい。けど、吉川(よしかわ)(とお)くへ()ってしまう……。(つた)えたところで、この(さき)どうなるわけでもない。それに、彼女(かのじょ)はもう(あたら)しい()(しょ)(たび)()(じゅん)()をしている。(じゃ)()するわけにはいかない……。だが、それでいいのか?

そんなことを(かんが)えているうちに、彼女(かのじょ)()むアパートに()いてしまった。

今日(きょう)はありがと。(たの)しかったよ」

「……うん、おれも」

「ねえ、さっき()ったことだけど、約束(やくそく)ね。わたしのこと、ちゃんと(おぼ)えてて」

「ああ、(わす)れないよ」

「ありがと。わたしも八城(やしろ)くんのこと(わす)れない。コーラが()きなことも、ちゃんと(おぼ)えておく」

「おれも(おぼ)えとく。吉川(よしかわ)射的(しゃてき)案外(あんがい)上手(うま)いけど、金魚(きんぎょ)すくいが下手(へた)なこととか」

 すると、吉川(よしかわ)(ゆび)(じゅう)(かたち)にして、「バーン!」とぼくの(むね)()つふりをした。ぼくはそれに()()って「うっ、やられた……」と(くる)しそうに()(むね)()さえ、(たお)()むふりをしてあげた。彼女(かのじょ)はそれを()て、あははと(たの)しげに(わら)った。ぼくは、もうこの笑顔(えがお)()られなくなるのかと(おも)うと、(ほん)(とう)(むね)(あな)()いてしまったように(かん)じた。

 

「そうだ。むこうに()ったら()(がみ)()くから、(じゅう)(しょ)(おし)えて」

吉川(よしかわ)巾着(きんちゃく)から手帳(てちょう)とボールペンを()()し、ぼくに()(わた)した。

ボールペンのキャプを(はず)し、(じゅう)(しょ)()いた。その(した)に、(ふる)える()で、ぼくはついに()えなかった(さん)文字(もじ)(しる)した。

そのページを(ひら)いたまま、ボールペンを()せて(かえ)すと、「ありがとう」と彼女(かのじょ)()()った。そして、吉川(よしかわ)はその言葉(ことば)()つけると、パッと手帳(てちょう)(かお)(かく)した。それから、くすくすと(わら)()した。

「なんだよ」

「ううん、なんでもない」

吉川(よしかわ)手帳(てちょう)()じて、巾着(きんちゃく)にしまった。そのとき、カシャンとボールペンが()(めん)()ちた。

「はぁー、最後(さいご)まで()()()けるなぁ」

かかんで(ひろ)い、「ほら」と彼女(かのじょ)にボールペンを()()した。その(しゅん)(かん)(くちびる)にやわらかいものが()れた。

()(まえ)に、まぶたを()じた吉川(よしかわ)(かお)があった。

「ごめん。わざと()とした。あのときの()(かえ)し。八城(やしろ)くんは()(たか)いから、()()びしても(とど)かないと(おも)って……」

そう()うと、彼女(かのじょ)はアパートの(かい)(だん)()()がっていった。そして、2(かい)まで()くと、()すりをつかんで、(そら)()かって、

「わたしも八城(やしろ)くんが()きー!」

(さけ)んだ。

それから、彼女(かのじょ)はこっちを()いて「バイバイ」と(ちい)さく()()り、(おく)(ほう)へと()えて()った。ドアが()まる(おと)()こえても、ぼくはしばらくその()()()ることができなかった。 

 

 

年末(ねんまつ)吉川(よしかわ)から手紙(てがみ)(とど)いた元気(げんき)でやっている、合唱(がっしょう)()(はい)った、(とも)だちもたくさんできたと()いてあった。でも、()いたい、とは()いていなかった。

ぼくは(へん)()()くため、便(びん)(せん)(ふう)(とう)()い、(つくえ)()かった。(なん)時間(じかん)もかけてやっと()()げたが、ポストに()れる(ちょく)(ぜん)(やぶ)いて()ててしまった。

もうぼくは()しゴムを(ひろ)ってあげるような()(がる)さで、(かの)(じょ)(せっ)することはできなくなっていた。(ちょく)(せつ)()いに()こうかと(おも)ったりもしたけど、(けっ)(きょく)、その()(れん)(らく)()()えた。

 

 

(なつ)()花火(はなび)()るたび、あの()のことを(おも)()す——夜空(よぞら)()った(ひかり)(つぶ)花火(はなび)(おと)人々(ひとびと)歓声(かんせい)、いっしょに()べたカキ(ごおり)(あじ)()(やく)(にお)い、やわらかな(くちびる)——でも、(きみ)(かお)だけは()()(おも)()すことができなくて、また(なま)ぬるい(よる)(かぜ)がぼくの(むね)()()けていく。

 

(かん)

トウキョウタワー★★★

Created By ondoku3.com 「 東 ( とう ) 京 ( きょう ) タワー」   私 ( わたし ) の 家 ( いえ ) の 居 ( い ) 間 ( ま ) の 壁 ( かべ ) には、 大 ( おお ) きな 東 ( とう ) 京 ( きょう )...